研究成果・発表等研究の論文や学会発表などを掲載しています。

その他著作物(総説、書籍等)

詳細情報


  1. 石川将人,"非ホロノミックシステムーあやつりの論理ー",理大科学フォーラム,vol.33, No.4, pp.19-21, 2016
  2. Sakai R., Shimizu M., Aonuma H. and Hosoda K. (2015) Visualizing wakes in swimming locomotion of Xenopus-Noid by using PIV. in Biomimetic and Biohybrid Systems. (Eds: Wilson S.P., Verschure P. F.M.J., Mura A. and Prescott T.J.) Springer pp. 97-100.
  3. Aonuma H., Sakura M. and Kurabayasi D. (2015) Memory mediated by internal state: memory of lost suppresses motivation of fight in the cricket. in Memory Consolidation. (Eds: Sakakibara M. and Ito E) Nova Science Publisher. pp38-52.
  4. 大脇大,石黒章夫,”ミニマルなCPGモデルから探る四脚動物の脚間協調メカニズム”,計測と制御,vol. 54, No. 4 pp. 272-277, 2015
  5. 加納剛史,石黒章夫,“クモヒトデに学ぶレジリアントな振る舞いの設計原理”,計測と制御,vol. 54, No. 4 pp. 254-259, 2015
  6. 小林 亮 : 「生物に学ぶ自律分散制御 --粘菌からロボットへ--」、計測と制御、54 : 236-241 (2015)
  7. 小林 亮 : 「生物のロコモーションに学ぶ制御法 --粘菌からロボットへ--」、医学のあゆみ、253(12) : 1153-1157 (2015)
  8. 大須賀公一,人に優しいロボットの構成法,システム/制御/情報, 第59巻,第3号,2015
PAGE TOP